よくある質問 Q&A

飯田民主商工会 TOP > よくある質問 Q&A

Q.民商ってな〜に?

A.民商の規約に同意した、一人ひとりの中小業者の集まりです。   あくまで会員一人ひとりが民商の主役で、その運営を役員と事務局が担います。

Q.どんな人が会員になれるのですか?

A.現職の中小業者なら誰でもなれます。

Q.法人は会員になれないのですか?

A.いいえ、会社法人は会員にはなれませんが、その経営者が個人として入会し、活動に参加することができます。

Q.会員に権利や義務などはありますか?

A.会員は、班会に出席し、会の方針や運営について質問し、意見を言い、役員を選び、また自分が役員に選ばれる権利を持っています。
 同時に、会費や会の機関紙である全国商工新聞代を納める義務を持っています。また、商工新聞を読み、みんなで決めたことはお互いに責任を持つことを、積極的に求められます。

Q.班会には必ず出席しないといけないのですか?

A.なるべく所属する班の班会に出席して、民商活動に参加していただきたいのですが、仕事の時間などで出席が難しい場合は、仕事を優先していただいて結構です。 班会での連絡事項などは、後日班長または事務局へお問い合わせ下さい。

Q.会費はいくらですか?その会費は何に使われますか?

A.民商の会費は、毎週の商工新聞代を含めて \4,100- + 支部費(所属する支部によって違います。) です。
ケガや病気に備え、助け合いの共済会費(\1,000-)を含んでいます。
会員は、無料で毎月の法律相談(要予約)や、記帳・パソコン会計の相談、 確定申告の学習会、税務調査時の立ち会いなどが受けられます。
 新規入会者は、入会金が別に必要になりますので事務局にお問い合わせ下さい。

Q.入会したいのですがどうすればよいのですか?

A.:@ココをクリックしてメールする。
 A飯田民商に電話する。TEL.0265-23-1040まで。
 B飯田民商に直接申し込みに来る。地図は>>>コチラ  
 C近くの民商会員に相談する。
 D町中を走り回っている宣伝カーを捕まえて申し込む(笑)

Q.確定申告の書き方で困っています

A.毎年申告前に、確定申告記入会を開いていますので、ご参加下さい。
 確定申告に慣れた先輩たちと一緒に記入できるので勉強にもなります。

Q.税務調査に来られたときには

A.すぐに事務局に連絡下さい。すぐに対処します。

Q.総会って?

A飯田民商で、年に1回開かれる本会の最高議決機関です。 毎年5月に行っています。
各ブロックから代議員が選出されて、1年間の運動方針などが議決されます。

Q.総会以外の決議機関や執行機関を教えてください

A.:「理事会」総会に次ぐ決議機関として3ヶ月に1回理事会が開かれます。  
 これは、総会の決議に基づいて具体的事項を審議決定する機関です。 構成員は、会長・副会長・事務局長・常任理事・理事で構成されています。
 「常任理事会」理事会から理事会の間、毎月1回開かれる執行機関です。構成員は、会長・副会長・事務局長・常任理事で構成されています。
 「三役会」常任理事会から常任理事会の間、毎月1回開かれる執行機関です。構成員は、会長・副会長・事務局長で構成されています。

Q.民商は全商連の一部なんですか?

Aいいえちがいます。
 民主商工会は地域の業者を結集して構成されています。その各地の民商は、都道府県ごとに連合会(県連)をつくっています。
 そして、県連が集まって全国商工団体連合会(全商連)がつくられているのです。

Q.なぜ全商連の加盟団体を「都道府県連合会」にしているのですか?

A民商の数が多く全商連が直接指導・援助することが不可能なことと、都道府県ごとに、その地域での生き生きした創意ある活動と力を発揮していくべきだからです。 これによって、全商連は県連を通じて組織の指導と援助を強められます。
 県連は全商連の方針をその地域の実情に見合って具体化し、民商を指導・援助する力量を強めることを意味しています。

Q.民主商工会を「地域の業者を結集する組織」とした意味は?

A民主商工会の組織対象を「地域の業者を結集し」としました。 中小業者の業態や仕事の中身が多様になっているなかで、「地域の業者」という   表現がより広く正確に表現できるからです。
 小規模事業者を具体的にいえば、従業者が製造・建設業は9人以下、小売・サービス業やその他は4人以下の事業所のことです。
 ただし、従業者数で規模を超えた中小業者が、入会できないということでは   ありません。